健一とまめぐみさん

私のお気に入りのウェアは、赤ん坊が選んで得る上品に言えるウェアだ。
長女は、20年齢くらいしか年齢の差がないので、赤ん坊って素晴らしくスーパーにドレスや靴などを、一緒にオーダーに行く事が多いのです。
その時に、赤ん坊が私のドレスや靴などを選んでもらえる。赤ん坊が選んでもらえるファッションは、ナチュラルな色つやという形の物が多くて、飽きが来ないので長くはおる事ができます。
たとえば、黒や茶色やベージュなどの、セーターやスカートなど上品で素敵な物を選んでくれるので、ほんとに赤ん坊にサンキュー。
何故かと言うと、私が書道のお養成に行くといった、あれこれ素敵で美人で上質なファッションを着ているのです。
ラウディ
ですが、私はファッションを美人や素敵にコーディネートするのが得意ではないのです。
なので、直感の良い赤ん坊といったスーパーをめぐって、ドレスを選んで貰って総数コーディネートして貰うのです。
そうして、赤ん坊は金額が短いのに、望ましい出来で上品に優等に見える物を選んでもらえる。
ですから、赤ん坊が総数コーディネートしてくれたドレスを、書道レクチャーのお訓練に着て行くという、ことごとく書道レクチャーの医者陣からドレスを褒められるのです。
赤ん坊のお陰で、書道レクチャーで着ているファッションの事で、後ろめたい思いをする事がないのでサンキュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です