奥津だけどトウホクノウサギ

以前にワインプロフェッショナルという権を取得しました。
当時の仕事の関係で確保を決意して、その時はもう先半年に取り組みが迫っていたので甚だ危険でした。ワインを飲んでというテイスティングの取り組みはあることはあるのですが、二次回取り組みで回数問い近く出されるくらいなので決して重要ではありません。むしろ一次回取り組みに合格するためには、大量のワインに対する把握を頭に入れるだけです。暗記だけなので、ワインの権なのにワインを飲めないという半年でした。
専用の実習もあるのですが、暗記だけなので独学で全体やりました。通勤瞬間なども帰宅してからも全員こういう権の勉強に時間を割いて、合格した時折はたして嬉しかったです。
ただ、合格直後に送られてきたバッヂを無くしてしまいました。見せて仕事をすることはなかった結果、ありのままだったのですが近年カバンのつまらない口座の中からでてきたのです。ひょっとしたら合格した頃よりも嬉しかったかもしれません。
鈴木奈々も飲んでるハッピーマジック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です